2014年11月10日

2014/11/7 施設見学&体験工房「インスタントラーメン発明記念館」

「環境」および「食と文化」に関するESDを学ぶ目的で
当会にて「インスタントラーメン発明記念館」を企画し、
無事終了いたしました。

小麦粉からチキンラーメンを作る過程では、
結構、力がいる作業もあり、
製麺機などの作業など進むにつれ、
「食べられるものができるのかどうか」など
参加者のみなさんと会話が盛り上がりました。

s-P1040283.jpg
※参加されたご夫婦の自作パッケージ。
絵心が素晴らしいので思わず撮らせていただきました!!!

創始者:安藤百福さんのひらめきから
世界中で愛されているインスタントラーメン。
海外支援・国際協力への気づきなどにもつながります。

チキンラーメンを作ったあとは、
カップラーメンファクトリーへ。

s-P1040296.jpg

しょうゆ味、シーフード味、カレー味、トマト味などの
スープから1つ選び、

コロチャー(豚肉)、えび、ひよこちゃんナルト、ネギ、マッシュルーム・・・
などの具材から4つ選んで
オリジナルのカップラーメンを作ります。

s-P1040299.jpg
※これは完成品を自宅で食べる前に撮りました
(マッシュルーム・インゲン・コロチャー・とうがらし in シーフード味)

参加者の方で「えび・えび・えび・えび」というチョイスの方も(笑)
エビばっかりのカップラーメンもここに来ないと作れないですね。

s-P1040288.jpg

参加者の方から、
「一度参加したいと思っていたけど、実現できてよかった」
「本当に楽しかったです。いい経験になりました」
「普段食べているものが安全だということがわかりました」
「家に帰ると、次回は子どもも一緒に行きたいといってました」
などなど、
感想をお寄せいただき、うれしい限りです。

s-P1040294.jpg

みなさまお疲れ様でした!
posted by ech28-2 at 17:12| 日記

2014年07月30日

7/26 家庭の省エネエキスパート検定対策講座 第1回終了

平成26年7月26日(土)於:あすてっぷKOBE

「家庭の省エネエキスパート検定対策講座 第1回」

講師:津田 文男さん(当会所属・環境カウンセラー)

1406620706062.jpg

一般市民の方々に省エネルギーへの関心・知識を深めていただくことと
日常生活や企業活動において省エネを推進できる人材の育成を図ることを
狙いとして、「家庭の省エネエキスパート検定(一般財団法人 省エネルギー
センター所管)」の受験対策講座を今年は7月からスタートしています。

第1回(7月26日)の講座「エネルギーの基礎と家庭の省エネ」では、
当日、神戸は気温が約35℃で外出しにくい猛暑日でしたが、
20〜70歳代の13名の方が受講され、熱心に聞いていただけました。

実施後に受講者から

「省エネルギーのことに興味を持つことができるようになったexclamation

「エアコンの冷房と暖房の使用エネルギーの差について、よく分かったわーい(嬉しい顔)

などの感想をいただき、大変好評でした。
1406620637799.jpg

*******************************
◆広報委員会より

受験を目指している方にとっては
学習への集中力が欠けつつあるふらふらバッド(下向き矢印)この暑い時期晴れ晴れ晴れ

津田先生の講義は、親しみを感じる解説で、
ポイントをギュっと凝縮して教えていただけるので
頭に残りやすい講座ですよ。

「無料」というところもお得ですね(*^▽^*)

次回は

8月9日(土)

に開催します!
クーラーの効いた場所雪でお茶でも飲みながら(各自ご持参ください(笑))
一緒に学習しませんか?

申込書はこちら(ダウンロード) → 20140625ー3.pdf

無題7.png


各回ごとの申込OKexclamation×2
ご参加お待ちしておりますかわいい(≧∇≦)/ぴかぴか(新しい)


posted by ech28-2 at 17:28| 日記

2014年07月29日

家庭の省エネエキスパート検定受験記(25年度)

家庭の省エネエキスパート検定を受検しました   
平成25年10月6日受験    環境カウンセラー  園 欣彌
無題.png

1.まえがき 家庭の省エネエキスパート検定とは
「家庭の省エネエキスパート検定」といっても、
直ぐに内容がわかる人は少ないかもしれません。

最近は、いわゆる資格ばやりで、いろいろな検定制度があるようです。
「漢字検定」、「歴史能力検定」、「消費生活能力検定」など
数え上げたら限がないほどです。
一昨年は、「清盛検定」が大河ドラマに関連して実施されました。

昨年,私が受験した「家庭の省エネエキスパート検定」は
(一財)省エネルギーセンターが、「家庭の省エネ・節電」を
日常生活や企業等の活動において進めることのできる人材の
発掘・育成を狙いとして、平成23年度に検定制度を創設したものです。
 
具体的には、「エネルギーの基礎と家庭の省エネ」、
「機器による省エネルギー」、「住宅の省エネルギー」の3部門について、
総合的な知識を持つ『家庭の省エネエキスパート』と、
さらに個別の診断・提案を実践的に行うことのできる
『家庭の省エネエキスパート[診断・指導級]』を
検定及び研修によって認定するものです。

平成25年度には第3回の検定が実施されました。
日程は平成25年10月6日(日)で、
会場は大阪会場を含め全国で9地域の会場で実施されました。

以下に、検定の内容を
(一財)省エネルギーセンターのパンフレットから転記いたします。
無題1.png

2.受験した契機 
私は、昭和35年以来、水環境に関する部門で、
特に産業排水の処理に関する試験、研究に従事してきましたので、
環境分野全般についての関心もだんだんと強くなってきました。

現在、環境問題として取り上げられている大きな題目には、
地球温暖化対策、循環型社会の形成、
化学物質の環境リスク削減、生物多様性の保全などがあります。

私は、現在、兵庫県地球温暖化防止活動推進員、神戸市市民講師として
県・市が行う地球温暖化防止施策の推進に協力し、
自治会や市民団体の皆様を対象とする
「家庭の省エネ活動の推進・普及」活動に従事してきましたが、

「機器による省エネルギー」、「住宅の省エネルギー」についての
具体的な内容については、いささか乏しいものがあり、
知見を深める必要を感じておりましたので、
昨年の4月に本検定制度のことを承知した機会に、
ひとつ受験にトライしてみようかなと検討を始めました。

そこへ、「環境カウンセラー会ひょうご」の理事である
長野恒己さんからメールを受け取りました。
RngDX.png
※長野講師(環境カウンセラー会ひょうご)

長野さんは原子力やエネルギー問題に詳しい先達であり、
「環境カウンセラー会ひょうご」主催の講演会や研修会で
幾たびかお話をされていることは、皆様もご承知のことと思います。

メールの内容は

「この機会を逃すことなく、受験にチャレンジせよ」

とのことでした。
このメールに後押しされて、受験を決意しました。
 
その後、長野さんは「家庭の省エネエキスパート検定]受検のための
セミナーを数回にわたって開催され、多くの会員が受講することになります。
私も出席しましたが、大いに勉強になりましたわーい(嬉しい顔)
この場を借りて厚く御礼申し上げる次第です。

3.検定試験の内容について
「省エネルギーセンター]の検定に関する案内では、
出題範囲は検定公式テキストから9割程度、
新聞・メディア等の最新情報から1割程度の割合で
出題するとのことでした。

なお、出題形式はマークシート方式ペンによる選択問題であり、
出題数は以下の3課目からそれぞれ問題数30問程度です。
これを、検定時間1時間で解答します。
なお、合格のレベルは、3課目それぞれ100点満点で、合計300点満点。
3課目すべてにおいて2/3以上の得点を挙げることとありました。

課目の詳細は公式テキスト本に譲りますが、
おおまかな内容は下記のとおりです。

無題3.png
無題4.png

私は、以前に姫路建設専門学校で
上・下水道工学の講義を担当したことがありました。
そのとき、同僚の急病で、建設環境工学の講座をしばらく預かりまして
伝熱(室温)、除湿、換気、照明などを書物の上だけで
講義した経験がありますが、今回の受験に際し少しは役に立ったようです。
印象に残った課目内容には、ヒートポンプの仕組みと応用事例があります。

環境分野では、狭い範囲に深い知識を保有している人は多いが、
この検定では、浅い知識でも止むを得ないが、
広い範囲をカバーできる人が有利であると感じました。

4.検定問題の内容
検定問題はどのようなものか興味をお持ちのかたに
平成25年度の検定問題を紹介しましょう。

問題の形態は先述のように選択問題であるが、
設問様式は次のとおりです。

@設問の内容を判断して、内容の正、誤を問うもの。
 ゆっくりと丁寧に読めば間違わない。

A複数の解答例から設問に適合するものを選択する。
解答例の内容を正確に把握しておく必要がある。

B文章と関係の深い語句を多数語句群から選択する。
多数語句群の内容、特徴がわかっていれば、解答は容易である。

C文章の中から最も不適切なものを選択する。
  不適切な程度を判断するのに手間取ることがある。

D文章の[  ]内に当てはまる最も適切な語句を選択する。
  語句例の内容を正確に把握していないと判断に手間取る。

問題の内容は
@法律に関する問題
法律の適用範囲を確実に把握しておくことが必要。
関連の国際会議などでは内容に加え、時期、期間、場所を
正確に頭に入れておくことが必要である。

Aエネルギー関連の問題
定量的な数字を正確に把握しておく必要がある。

B企業経営と環境
新聞紙上によく出る語句は、略称も含め出題されることがある。

★平成25年度の出題例
課目 T エネルギーの基礎と家庭の省エネ無題5.png無題6.png

課目 U  機器による省エネルギー
無題7.png無題8.png

課目 V 住宅の省エネルギー
無題9.png無題10.png

5.あとがき
昨年の11月に検定試験の結果が送付されてきましたmail to
取得点数はわかりませんが、

★検定合格★

ということで一安心しましたが、
試験時間に追われて時計ケアレスミスあせあせ(飛び散る汗)もありました。
法規の推移、国際関係の課題の展開を歴史的に、
時代を追って把握することは、簡単ではありませんふらふら

漠然とした知識はあっても、
具体的な時系列に沿った理解は付け焼刃の勉強では
頭に残っていないことを痛感しました。
この「家庭の省エネエキスパート検定」がこれから
どのような制度に展開されていくのかに注目しております。

検定合格を認証する写真入りの合格証は
未だ受領しておりませんので、
代わりに検定受付票を御覧に入れます。

無題11.png

センター発表の検定問題の標準解答も記載しました。

検定問題の標準解答
課目 T   問題 6   ウ
       問題 16 @ウ Aオ Bキ Cコ Dス
課目 U   問題 7   イ
       問題 12 @イ Aエ Bキ Cサ Dス  
課目 V   問題 12  イ
       問題 15 @ア Aエ Bケ Cサ Dス

私の拙い文章が「家庭の省エネエキスパート検定」に
御関心をお持ちの方に少しでもご参考になれば
幸甚の至りと考えておりますかわいい

posted by ech28-2 at 16:27| 日記

2014年05月20日

平成26年度総会 無事終了

平成26年度総会は平成26年5月17日(土)に無事終了いたしました。

s-P1030764.jpg

今回は、いつもの議事・承認事項に加え、
先日行われた役員選挙の結果を受けての理事承認がありました。

永きにわたり、会のため功労、貢献してくださった
山下滿さんは理事を離れ、顧問に就任。

新しい理事長は総会後の理事会で決まります。


午後からの研修会は

@個人情報保護法について
講師:藤田 芳夫 氏(当会会員)

s-P1030767.jpg

個人情報関連は、私たちが安心して活動するために不可欠な知識です。

s-P1030765.jpg

A 東北大震災 
〜福島県南相馬市 災害復興ボランティアに参加して〜
発表:黒谷 静佳 氏(当会会員)

s-P1030773.jpg

東北大震災がもたらした影響、爪跡、
そしていま私たちが何をすべきか?など
たくさんの写真を交えて発表していただきました。

posted by ech28-2 at 00:00| 日記

2014年01月28日

海と空の約束プロジェクトの近況とコラボの呼びかけ(お願い)

環境省登録 環境カウンセラー
(海と空の約束プロジェクト代表) 西谷 寛

“Think globally, act locally”をミッションの一つにして
環境学習支援活動をしています。
河川保全団体、ビオトープ整備活動、保育園等とコラボし
地元のバイオリージョナリズムを視野において
環境教育活動をしています。

2013年に設立された「ESD推進ネットひょうご」の
活動にも参画しています。

2013年に絵本「海と空の約束」を「国連」
「生物多様性の本棚」に選んで頂いたこともあり、
JICAや大学、市民活動団体のご協力を得て、
カンボジア、インドネシア、フィリピン、マレーシア等
アジアを中心に国際的な環境教育支援活動にも
チャレンジしています。

絵本の英語、インドネシア語、クメール語訳、韓国語訳は完了。
現在、ベトナム語、マレーシア語、中国語、スペイン語、
ドイツ語、ロシア語、フランス語訳の作業中です。

紙芝居「海と空の約束」(A1A2B4各サイズ有り)の無料貸出や
地域の環境イベント等での紙芝居や学習会に
支援大学生たちと出向いています。

2013年は兵庫県下を中心に京都、大阪、和歌山、
広島、佐賀等でも紙芝居を使っていただきました。
機会がございましたら、コラボ等の声がけよろしくお願いします。 

(問合せ先)  海と空の約束プロジェクトHP  http://umisora.petit.cc/

nScomv6haovPewH1390882881_1390882906.jpg

JICAの隊員によるインドネシアでの絵本「海と空の約束」読み聞かせ
神戸新聞にもご紹介頂きました。
https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201310/0006458541.shtml
posted by ech28-2 at 13:22| 日記

2014年01月25日

2014 新年会終了

2014年1月11日(土)
環境カウンセラー会ひょうご の 新年会がありました。

P1030476.jpg

昨年同様、たくさんの会員様が参加してくださいましたよ。
ご参加ありがとうございます。

途中、当会副理事長の小山さんの「マジックショー」(恒例)も!

P1030482.jpg

みなさん真剣なまなざしで楽しんでおられました。
(ネタをあばこうとしていただけ?(笑))

P1030486.jpg

最後は、今年の福男(福娘)選びタイム!
私(仁保)とじゃんけんして最後まで勝ち残った3名に
変装グッズをプレゼント★

P1030489.jpg
(↑)俣野さん

P1030488.jpg
(↑)成田さん

そして・・・・・

P1030490.jpg
(↑)甲斐さん(笑)
いっこも変わらん・・・

楽しい一日となりました。
これからも会を盛り上げながらがんばっていきましょう♪

環境カウンセラー会ひょうごでは、
兵庫在住・在勤の環境カウンセラーさんの入会をお待ちしております!


リポート 新年会幹事:仁保めぐみ



posted by ech28-2 at 19:14| 日記

2013年10月15日

9/22 親子でおはぎ作りを楽しもう

報告者:講師・黒谷 静佳(環境カウンセラー会ひょうご)

無題.JPG

参加者21人
小学校就学前の子どもさんが多く、若いお母さんたちの参加で、
親子で優しく見守られながら
おはぎ作りを楽しんでいただきました。

ホームページなどから募集を見られ応募いただいたようです。

おはぎつくり 環境カウンセラー.pdf
posted by ech28-2 at 17:57| 日記

2013年02月11日

2/9 熊本研修旅行2日目

2日目は朝早くから天草へ出発。

1EeKAHqoBEabB9_1360553156_1360553558.jpg

<2日目>
A九州電力 苓北発電所
http://www.kyuden.co.jp/effort_thirmal_k_hatsuden_k_reihoku.html

苓北発電所は天草下島の西北端に位置する
海外炭を燃料とする火力発電所で、熊本県内の
最大電力需要の約6割をまかなう出力140万キロワットの
大容量火力発電所です。

3.JPG

県の課題である林地の整備による木材チップの運用、
石炭灰を燃やすことによって生まれる
フライアッシュ、クリンカ(廃棄物)の有効利用、
発電時に発生する蒸気を熱源とした塩づくり などが行われています。

P1020447.jpg

設備、発電工程等、ご担当者様の説明もわかりやすく、
環境カウンセラーとしてなげかけた専門的な質問にも
丁寧に答えてくださいました。

P1020357.jpg
※苓北発電所 吉田様

見学者向けの資料映像もどんな年代にも理解が深まるよう、
つくり込まれていましたよ。
さすが、見学者が絶えない発電所だなと思いました。

P1020356.jpg
※エジソン人形が解説します(笑)

その後、通詞島にある風力発電を車窓から見学した後、

P1020363.jpg
※環境問題を訴える五和町のシンボルタワーでもある風力発電

野生のイルカが生息しているのを確認できるという、
イルカウォッチングをお世話くださる
「イルカマリンワールド」さんへ。

img_access02.jpg

■イルカマリンワールドHP
http://im-world.jp/

pZfqKWUXfYFhjKM1360558727_1360558743.jpg

一年中イルカが見られるとのことでしたが、

P1020361.jpg

本当に見れるのかな・・そんな思いで出航。

P1020364.jpg

しばらく沖合いへむかうと、、、、、

P1020368.jpg

「あっ、おった!!!」

でもこれは「イルカを見た」と自慢するにさみしい光景(^-^;)
またしばらく船はすすみます。

すると前方に・・・・

P1020381.jpg

そばにいくと・・・・

P1020407.jpg

ひやぁ〜〜〜〜〜!!!!!

P1020399.jpg

このイルカは「ミナミハンドウイルカ」といって、重さ250kgほど、
50〜100頭のむれをなしながら一年中この海を回遊しているそうです。

P1020395.jpg
※船長さんに質問しているところ

海の環境について、実際にここでお仕事されている方のお話は
訴える力があります。

P1020440.jpg

今回の旅は、環境問題を理解するために
実際に行ってみて、自分の目で確認して
現地の人のお話をうかがって、疑問点を質問する
そんな2日間でした。

最後になりましたが、今回一番お世話になりましたのは
熊本県出身の環境カウンセラー
橋明男さん(環境カウンセラー会ひょうご)です。

熊本の資料をたくさん手配していただいた上、
レンタカーでの移動中、バスガイドならぬ、レンタカーガイド?として
熊本の魅力をたくさん語ってくださり、
笑いの絶えないとても楽しい旅になりました。

みなさまお疲れさまでした★

報告者:仁保 めぐみ(環境カウンセラー会ひょうご)
posted by ech28-2 at 14:22| 日記

2/8 熊本研修旅行1日目

平成25年2月8日(金)〜2月9日(土)
熊本研修旅行に行ってまいりました。

1EeKAHqoBEabB9_1360553156_1360553558.jpg

<1日目>
@水俣病資料館 見学

P1020342.jpg

平成25年1月19日、水銀を使った製品の製造や輸出入を
2020年以降、原則禁止することなどを盛り込んだ
「水俣条約」が国連の政府間交渉で合意されました。

P1020348.jpg

条約は前文に「水俣病を教訓にして水銀を適正に管理し、
将来同じ問題を引き起こさない」と明記。
水銀による環境汚染や健康被害を防ぐため、
水銀の使用、供給、排出、廃棄を地球規模で規制し、
市場での取引量や環境への排出量を大幅に削減する方策を盛り込んでいます。

こんなにきれいな海が・・・・・

P1020343.jpg
※水俣病資料館 屋上から撮影

50年前、化学工場が大量に放出した「メチル水銀」が
水俣湾に流れ、食物連鎖を通じて魚介類に蓄積。

地図からもわかるように、水俣の地形は外海と一線をおいているため、
水質の悪化、生態系の抑留状況にあり、
この湾から獲れた魚を大量に食べた人に神経症状がみられました。

化学工場はこの事実を知っていながらも、認めず、隠し続けたため、
長年にわたって状況は改善されず、
亡くなった方、今も苦しんでいる方、胎児への影響があった方など、
後世におよんでも、補償と訴訟が続いています。

P1020345.jpg
※汚染されたヘドロの埋め立て地

しかし、企業責任を問う中で、
水俣病の補償問題を継続するためには
企業の存続も重大な課題とされています。

ちょうど、この日の夜のニュースで、
今期、この企業が大きな赤字だと放送されていました。

P1020347.jpg

今回、水俣病資料館に訪れて初めて、
水俣病の歴史を実感することができました。

兵庫県から遠く離れた熊本県。
でも、同じ日本で起こったこと。

環境汚染は明確になっていないだけで、
他の地域でも世界でも起こりうる事例。
複雑な思いを抱いて、水俣病資料館をあとにしました。
        ・
        ・
        ・
お茶タイムの後、宿泊先の熊本市内へ。

残念ながら、開館時間を過ぎていたため、
車窓から熊本城を見ましたよ。

WfdtOaTZECgLfo51360556451_1360556468.jpg
※加藤清正像(H23年に撮影したもの)

P1000154.jpg
※熊本城(H23年に撮影したもの)

ホテルにチェックインした後は、
くまもんのアーケードを抜けて

P1020350.jpg


郷土料理を堪能。

P1020351.jpg

一日あっという間に終わりました。
2日目の報告に続く・・・・。


報告者:仁保 めぐみ(環境カウンセラー会ひょうご)






posted by ech28-2 at 13:31| 日記

2012年12月17日

12/15 忘年会

平成24年12月15日(土)14:00〜17:00
「和民」神戸北口駅前店 にて
環境カウンセラー会ひょうご会員16名の参加をいただき、
24年度の忘年会が行われました。

NSLjArv3oNhgg3y1355729870_1355729896.jpg

溝口さん、自己紹介中。

tCpKHe7BXJR_3GS1355729937_1355729952.jpg

「今年一番運が強かった人」を決めるのに“あみだくじ”をした結果・・・・

wHXdPnNs1bGWsSe1355730754_1355730774.jpg

見事、園 欣彌さんがNO.1となり、アフロをゲットされました(笑)

会の途中では、園さんの英語の歌あり、小山さんのマジックありで

dbMpvvcLDuyC_qy1355729979_1355729996.jpg

会をとても盛り上げていただきました<感謝★

普段あまりお話しできない方とも交流が深まり、
来年の活動への期待を感じる会となりました。
みなさまお疲れさまでした!

報告者:仁保めぐみ

posted by ech28-2 at 16:58| 日記