2016年07月15日

7/9 ダンボールコンポスト作り

平成28年7月9日(土)
「生ゴミ減らそう!ダンボールコンポスト作り」
場所:上宮川文化センター

当会会員の岩野順子さんの活動
「ダンボールコンポスト作り」とはどんなものだろうと
当日参加だったため、見学だけ・・と思っていたのですが、
「材料があるので、どうぞどうぞ」と
急遽、他の参加者の方と一緒に受講させていただきました。

s-IMG_0964.jpg

今回の学びは、
地球温暖化、ごみの減量、地産地消の学習も兼ねています。

これがコンポスト完成品

s-IMG_0949.jpg

基材は竹パウダーとピートモス、もみ殻くん炭

s-IMG_0965.jpg

ダンボールを切るところから作業開始。
組立では隙間なくガムテープをきちんと貼っておかないと
虫が入り込んでしまうとのこと。

s-IMG_0953.jpg

これ、結構難しかったです。
岩野さんがつきっきりで指導してくださいました。

基材を合わせて適量の水をたします。

s-IMG_0960.jpg

小さなお子さんの受講者。
てきぱきとした作業に「将来の環境人材」を思わせるものでした(笑)

s-IMG_0951.jpg

それを組み立てたダンボールコンポストに入れ、完成。
雨があたらないところに設置してくださいとのこと。
約3ヶ月生ゴミを投入後、熟成期間をおいて肥料になります。

参考として、生ゴミを入れて1ヶ月弱のものを拝見。

s-IMG_0950.jpg

臭いなどほとんど気にならないものでした。

今までは「生ゴミコンポスト」という言葉しか知りませんでしたが、
いざ自分が作ってみると理解が深まります。
家で肥料を作る楽しみが増えました。

(レポート:仁保めぐみ)
posted by ech28-2 at 10:39| 日記

2016年06月03日

5/31 幼稚園の5歳児 自然体験学習 (準用河川「朝霧川」)

講師、報告者:西谷 寛 さん(環境カウンセラー会ひょうご)

5月31日に、明石市立の幼稚園の5歳児約60人を2班に分けて、
幼稚園のすぐ近くの朝霧川で、約1時間ずつ自然体験学習会と
ごみ学習をしました。

s-P5310018.jpg

住宅地を流れる小さな準用河川ですが、アオミドロもあり
滑るところもあるので、今回は、子ども達は川岸までで
川には、私と中学生2人、先生が入って、
子ども達の目の前で生きものを採りました。

s-P5310019.jpg

注意事項を先生から伝えて頂いたあと、
〜〜〜〜〜
@ 川の生きもの、川岸・草むらの生きものの見つけ方
A 川にあったゴミの話
〜〜〜〜〜
をしたあとで、みんなで河原で小一時間、
遊びながら生きものやごみを見つけました。

最後に約10分間、
@ 集めたごみの話(どうしたら良いか考えました)
A 見つけた生きものの話
★ドジョウ、カワニナ、モノアラガイ、タイワンシジミ、
ミナミヌマエビ、ヤゴ(コオニヤンマ、ハグロトンボ、
アジアイトトンボ)の説明と自然界の自浄作用の簡単な話
★子どもたちとセリの匂いを嗅ぎました。
★セリ、ジュズダマ、ミゾソバを先生と観察しました。

s-P5310039.jpg

来週は、この幼稚園に紙芝居「海と空の約束」と
生きものやゴミのお話しに行きます。
posted by ech28-2 at 16:57| 日記

2016年05月28日

5/27 「お騒がせ!廃棄物問題」in 和邇文化センター

平成28年5月27日(金)15:05〜16:05
大津市和邇文化センター にて
講師:仁保 めぐみさん(環境カウンセラー会ひょうご) 

大津市様より「ごみ減量と資源再利用推進大会表彰式」後の
廃棄物関連の講演依頼があり、1時間程度、
「廃棄物の定義」「最近の廃棄物関連ニュースを説く」内容で
講演を行ってきました。

CIMG1741.jpg

今年、世間を騒がせた「食品横流し問題」や
「各地でおこった不法投棄」について、実例をもとに
廃掃法の観点を交えながらの話には、
聴講者の皆様も笑いながらも真剣に耳を傾けてくださいました。

CIMG1778.jpg

主催者様、聴講者様からは「そんな不法投棄があったとは驚きです!」
「業者の手口は巧妙ですね!」「私だったら騙されるかも」
など関心の高い感想をいただきました。

今年、同様の講演依頼をあと3講受けています。
廃棄物処理法は大変難解な法律ですが、リアルタイムな話題とともに
関心をひく内容を心がけたいと思います。
(報告者:仁保 めぐみさん)
posted by ech28-2 at 11:46| 日記

2016年05月22日

平成28年度総会&研修会 終了

平成28年5月21日(土)10:05〜11:50
兵庫勤労市民センターにて

s-IMG_0864.jpg

当会の総会は無事終了いたしました。

***午後から行われた研修会の様子***

@「アイスランドの地熱発電」
発表者:後藤安子さん(当会会員)

s-IMG_0868.jpg

実際にアイスランドに行かれ、
ご自身の目で見てきた現地報告を発表してくださいました。

アイスランドは世界最北の島国。
面積は北海道と四国を足したくらいで人口は約32万人。
大半が溶岩台地で覆われている国です。

同国では、
1930年頃までは熱源のほとんどを石炭が占めていたそうですが、
1940〜1943年頃から地熱利用が始まり、
1990年には100%地熱に変わったという経緯があります。

講師の後藤さんが
「注目されていない日本の地熱発電所とは雲泥の差を感じた」
と言われるほど、近隣国からの関心度が高い国だそう。

@日本も、国が、
再生可能エネルギーや自然エネルギーの活用の方向を転換すれば
国内もまかなえるのではないか?

Aアイスランドの首都であるレイキャビクでは住民参加の都市計画が必要。
日本ももっと住民の意見を取り入れることが必要なのでは?

B縦割り行政からの脱却、総合的な取り組みが必要。
市民の生活と地域の経済をどう生かしていくか
発想だけにとどまらず、実践していくことが大事。

以上3点を課題とされました。

**********************

A「COP21の成果と今後」意見交換会
進行:仁保 めぐみさん

s-IMG_0890.jpg

環境省のHPにある「COP21の成果と今後」の資料を使って、
参加者同士、ワークをしながら知識を深めていきました。

s-IMG_0891.jpg

ワークはくじ引き方式。
14639084664930.jpg

COP21でのキーワードをくじにし、
ひいた話題で班で話し合ってもらうワーク。

s-IMG_0892.jpg

例えば、
「化石燃料の放棄」(石炭、石油、天然ガスなど)

を引くと、どう思うかをまず付箋に書く。

s-IMG_0894.jpg

そして、みなで意見交換する。

s-IMG_0895.jpg

話題がおさまったら次のくじを引く。
「温暖化対策に繋がる製品、サービスの開発」
「地球温暖化抑止への貢献と経済成長の両立」
こんなくじもありますよ♫

s-IMG_0896.jpg

さすが環境カウンセラーの集まり。
意見が高度!!!!!

s-IMG_0897.jpg

幅広い知識を持っている人たちなので、
どんなくじを引いても、話がつきることがありません。

s-IMG_0898.jpg

一旦ストップ。
各班ごとに1枚だけくじを選んでもらって、
どんな意見が出たか発表してもらいました。

s-IMG_0901.jpg
(発表:児島さん)

H2の貯蔵法、自立型水素エネルギー供給システムの実用化、
太陽光→水素→燃料電池→発電
海の酸性化、人工CO2の光合成、わかりにくい気候変動の定義幅
環境技術支援も大事だが教育支援も並行する・・・などなど。

s-IMG_0905.jpg
(発表:武本さん)

集熱発電、化石燃料を放棄する必要はない=クリーン化して排出
代替エネルギーの安定性、維持・継続性、波浪発電の開発、
メタンハイドレート、水素社会への早期実現、
化石燃料をとりまく大人の事情、「冬はカルタ、夏は怪談」・・・などなど

s-IMG_0907.jpg
(発表:津田さん)

森林保護の強化、森林従事者へ国からの応援が必要、
海外から材木を輸入しないで国内で樹木を育てる、
樹木医の増員、森林を育成していく後継者の存在を考える・・・などなど

くじ引きワークはかなりの知識を引き出してくれました(笑)

COP21の課題を踏まえて、
Q「環境カウンセラーとして推進することは?」

s-IMG_0910.jpg
(発表:小山さん)

・小さい時から環境教育をする、親子で学ぶ。
・国の教育制度の中に「環境教育」を教科としていれる
・国民、企業、国全体で環境意識を高める。環境税の導入も視野に。

s-IMG_0911.jpg
(発表:木村さん)

・学校教育への進出、出前授業の推進。環境教育の率先垂範。
・大学、専門学校、公民館、カルチャーセンターなどへのアプローチ。
・JICAとの交流
・情報提供
・環境技術専門家を育成、会員の力量向上
・環境カウンセラー活動を専門化する
・国民皆農

s-IMG_0912.jpg
(発表:西谷さん)

・対象者のニーズにあった学習をすすめていかないと効果がない
・聴く人がひとごとのように流さないよう、「考えてもらって学ぶ」体制づくり
・グローカルに考えていく。食、エネルギー、廃棄物など
・狼少年型の啓発は古い。身近な問題を例示しながらすすめていく。

以上、素晴らしい意見の数々をうかがったところで
お時間が来てしまいました。
やはり、レベルが高かったです。

今後もこういった意見交換会を
各テーマごとに持てるといいなと思います。

みなさまお疲れ様でした(^-^)
posted by ech28-2 at 18:50| 日記

2016年05月16日

壁新聞師範

報告者:環境カウンセラー 西谷 寛

2016年度から、環境省こどもエコクラブの子ども達の作った
「壁新聞」の評価と助言を行う「壁新聞師範」にならせて頂きました。

こどもエコクラブは、ご存知の通り全国で展開している
環境教育の仕組みで、平成7年から20年発展・継続しています。

兵庫県の西宮の制度が基となり発展しています。
壁新聞師範は、全国で14人です。

少しずつでもお役に立てればと思っています。

こどもエコクラブHP
http://www.j-ecoclub.jp/about/

こどもエコクラブ 壁新聞師範紹介のページ
http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201605091111.html
posted by ech28-2 at 14:36| 日記

5/13 浜松市立萩丘小学校での環境教育支援活動

命の大切さやつながりを学ぶ「ゆめ講座」の講師として活動
環境カウンセラー(市民部門) 西谷 寛

P5130313.JPG

5月13日(金)に、浜松市の小学校にお招きいただき、
全校生徒(約700人)、先生方、保護者に紙芝居「海と空の約束」と
問いかけ学習、5年生4クラスに対するリーダー3人で行うワークショップ、
保護者向け学習会を致しました。

P5130318.JPG

学校ビオトープや命の繋がりに関する教育を進めている
静岡県のモデル校であり大変勉強になりました。

P5130329.JPG

この様子は 5/14 静岡新聞にも記事が掲載されました!
RnfO7H_bKqeXi2s1463481759_1463481821.jpg
※画像をクリックすると大きく表示されます。(静岡新聞許諾申請済み)

posted by ech28-2 at 14:09| 日記

2016年04月04日

2016,03,19講演「気候変動と地球温暖化」

報告者:環境カウンセラー会ひょうご
西田 和生さん

「ITC六甲クラブ」様のご依頼、ご希望で
「気候変動と地球温暖化」と題した講演を行ってまいりました。

s-DSC00149.jpg

会場は神戸市中央区の私学会館、
参加者は22名(女性ばかり)。
その中には、滋賀県、奈良県、大阪府など遠方の方がおられ、
講演した甲斐がありました。

s-DSC00147.jpg

次のような嬉しい感想メモを頂いています。

「土曜日は素晴らしいご講演をありがとうございました。
出席したメンバーも大変喜んで、
このようなお話を聞ける機会があって大変良かったと申しておりました」

「今日はご講演を有難うございました。
お風邪のあとすぐで、ずっと立ってのお話でしたので
お疲れになられたこととお察し申し上げます。
皆さんはとても良い講演だったと喜んでいただきました。感謝いたします。」など・・・。

s-DSC00145.jpg

===(ここまで ↑)========================

講演の少し前から風邪気味だったという西田さん。

「当日はやはり声が出にくかったですが、
マイクは駄目といわれ、肉声で頑張りました。」

という報告もご本人からいただいています(笑)

「日頃の節制が大事と((_ _ )/ハンセイ)しています。」

はい、講師の方の体調管理は必須ですよ(^-^)b

ともあれ、素晴らしい講演、お疲れ様でした。
(広報委員会)
posted by ech28-2 at 19:43| 日記

2016年03月21日

当会会員 西谷寛さん:地元小学校のPTA広報誌に紹介頂きました。

★地元小学校のPTA広報誌に紹介頂きました。★
朝霧小PTA Jpeg_NEW トリミング 縮小.jpg
※画像をクリックしていただけると大きく表示されます

紙芝居や自然体験学習をしながら、
判りやすい楽しい環境教育を進めています。

★2015年に自宅近くの小学校3年生4クラスと
一緒に行った自然体験学習(学校の前を流れる朝霧川の
クリーン作戦と生きもの探し)の様子が
朝霧小学校のPTA広報誌(3月発行)に紹介されました。

★ローカルな取り組みですが、暮らしに直結した身近な川で
体験学習ができて好評でした。
川から流れる水は海に流れ、海は世界に繋がって居ること、
川のゴミも海に流れ世界に流れること、
最近増えているプラゴミはいつまでも腐らないことを
紙芝居「海と空の約束」を使って学び、子どもたちと対策を考えています。

★2016年度は、流域の幼稚園や保育園
(紙芝居を活用した環境教育には、この朝霧川の流域の
2小学校6幼稚園2保育園にゲストで伺っています)でも
取り組みが広がるようにチャレンジして行く予定です。

★最近、幼稚園、保育園の幼児向けの環境教育事業にも
力を注いでいます。
幼児や保護者、先生と一緒に自然環境や生きものの大切さや
私たちのローインパクトなエコスマートな実践できる
暮らしを一緒に考えます。

★スケジュールが合いましたら、幼稚園や保育園、小学校、
地域イベントで紙芝居や体験学習、セミナー等させて頂きます。

★兵庫県下の施設でしたら「ひょうご環境創造協会」の
「ひょうご環境出前講座No43、NO87に登録していますので
制度を活用して頂けます。

http://www.eco-hyogo.jp/support/kankyogakushu/hyogo-demae/

★兵庫県外でもご相談に応じます。
大阪方面には良くお邪魔してますし、遠方の場合は
教材の紙芝居やDVD動画デジタル紙芝居を貸し出しています。

☆主教材の絵本・紙芝居「海と空の約束」は国連生物多様性日本委員会の推薦図書です。

海と空の約束プロジェクト 西谷 寛
ホームページ  http://umisora.petit.cc/
Eメール     happy24tani★ybb.ne.jp
(メールを送られる際は、★を@に変えて送信ください)
posted by ech28-2 at 11:09| 日記

2016年01月31日

当会会員 西谷 寛さん「エコプロダクツ2015」活動報告

【エコプロダクツ2015】
(201512/10〜12 東京ビッグサイト特設ステージで
紙芝居と活動紹介)

@「エコジャパンカップ10周年記念ステージ」で、
紙芝居「海と空の約束」とミニプレゼンを
10日、11日に合計4回させて頂きました。

o0800053313511825150.jpg

A「エコジャパンカップ10周年記念ブース」にパネル展示と資料配布、
絵本販売をし、来場者に活動を紹介しました。

B「国連生物多様性10年委員会(UNDB−J)」ブースで
「推薦図書・生物多様性の本箱」『絵本「海と空の約束」の展示』

★環境系企業関係者、CSR担当者、研究者のほか、
学生や市民団体や海外(アジア)の企業関係者、
教育関係者が来場され絵本や紙芝居、活動を紹介しました。

★アジアからの若い研究者や環境教育関連の団体職員とも
繋がりができて収穫はありました。機会がありましたら報告します。

★神戸新聞の神戸・明石版にもご紹介頂きました。
posted by ech28-2 at 16:05| 日記

当会会員 西谷 寛さん、「日本自然保護大賞2015」入選

このたび、当会会員の西谷寛さんが代表を務める
「海と空の約束プロジェクト」の活動が
「日本自然保護大賞2015」で入選しました。

ご本人曰く・・・「これからもコツコツ精進します。」

★★★【日本自然保護大賞2015】★★★
主 催 : 公益財団法人 日本自然保護協会
協 賛 : 経団連自然保護協議会 
後 援 : 環境省/国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)/
      国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)/
      自然保護憲章普及協議会

公式HP http://award.nacsj.or.jp/index.php
posted by ech28-2 at 15:56| 日記