2016年12月27日

12/8 伊丹市内のこども園での食育と紙芝居

報告者:市民部門  西谷 寛(海と空の約束プロジェクト)

PC080015.JPG

日時  2016年12月8日(木)
    9時30分〜12時30分
場所  伊丹市内 私立こども園
対象  4歳児5歳児、保育士 約30人

PC080062.JPG
     
内容  ★保育園で、ブリの解体を全員で見学
     魚の内臓や鰓、身体を見せてもらい簡単な説明。
     その後、魚は調理室に。
    ★紙芝居「海と空の約束」と問いかけ学習
     海の生態系のパネルなどを準備し
     生きものの食物連鎖を判りやすく説明した後、紙芝居。
    ★どうすれば海や川が汚れないか?
     海が汚れるとブリも死んでしまうので、
     家やこども園で出来ることを発表して貰う。
    ★川に生息する水辺の生きもの
     (ドジョウ、メダカ、カワニナ、ヤゴ、ミナミヌマエビ)を
     実際に観察してもらい食物連鎖や自然界の自浄作用、
     プラゴミの悪影響を考えてもらう。
    ★保育士さんにもエコスマートな暮らしと大人の見
     本をテーマに、話してもらった。
    ★一緒に、ブリ料理を頂きました。みんな完全完食。

PC080080.JPG

その他 ★大きなブリの解体はインパクトがあり
     みんな興味津々ながら恐がる子どももいました。
    ★紙芝居は大変熱心かつ興味深く観てくれて
     意見もたくさん発表してくれました。
    ★普段から川や公園、農作業に取り組む
     保育園なので生きもののことはみんな興味深かった。
    ★このこども園では2〜3回/年、
     ネイチャーゲームを使った環境学習を行っています。

PC080083.JPG



posted by ech28-2 at 17:40| 日記